腸内環境が悪化する理由

■ 最短で便秘を治すには?

便秘になる原因は複数あり、そのうち一つが腸内環境の悪化によるものです。防ぐことの難しい要因もあるのですが、自分で解決できる手段があるなら、なるべく早く正常にしたいです。できれば、二度と便秘にならないように勉めたいもの。
基本的な原因を理解すれば、最短で便秘解消へ向かうことができます。便秘の原因のひとつ「腸内環境の悪化」について、腸内細菌の種類や効果を知っておいてください。

・腸内環境と便秘の関係
まず始めに数から。健康な状態の腸の内部には、100種類以上、なんと総数100兆個もの腸内細菌が住み着いています。うじゃうじゃ蠢いている状況を想像すると気味が悪いのですが、事実です。こうした菌の中には、人体にとって良い影響を及ぼす細菌と、逆に悪い影響を及ぼす細菌が存在します。前車を善玉菌、後者を悪玉菌といいますよね。

この2つの他にも、善玉・悪玉の強い方に加勢する細菌(日和見菌)も存在増す。どこぞの政治家を思い起こすのは私だけではないでしょう。このように、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類がバランスを保って混在し、「腸内フローラ」と呼ばれる一種の生態系を形成しています。

腸内が健康であれば、善玉菌が優勢となってます。善玉菌は腸にプラスに働きます。腸のを活性化させるほか、ビタミンを合成して栄養不足を補ったりもするので、無くてはならない相棒なんです。ところが腸内環境のバランスが崩れると、善玉が減り、悪玉菌が優勢となります。悪玉優勢になると腸の働きは鈍くなって、これが便秘の原因となるのです。

腸内細菌の特性とは?

上の通り、腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌、それに日和見菌の3種類があります。それぞれの菌には次のような特徴をもっています。

1 善玉菌
腸内細菌の中でも、わたしたちの体にプラスの影響を与えてくれる菌を総称して「善玉菌」と呼びます。食べ物の消化や吸収を助ける働きや、消化管の機能を向上させたり免疫を高めたり。そうした役割を果たしています。善玉菌は、オリゴ糖や乳糖のような糖類をエサに増殖します。よく知られる善玉菌には、ビフィズス菌、乳酸球菌、乳酸桿菌、ガセイ菌、アシドフィルス菌などがあります。

人間は、経験から善玉菌が含まれる食品を食べることによって腸内の善玉菌を増やしていました。それがヨーグルトなどの発酵食品ですね。しかし、現代ではこのような善玉菌を増やす食事を摂取する機会が減ってきてます。腸内環境を良くするためにも、善玉菌を増やす工夫が必要となってます。

2 悪玉菌
人体にマイナスの影響を与えてしまう腸内細菌の総称が、悪玉菌です。善玉菌と同様に「悪玉」という名前ではありません。腸内で、発がん性物質や炎症を起こす物質を生成したり、ガスを発生させたりします。よく知られる代表的な菌は、大腸菌、ブドウ球菌、ウェルシュ菌などです。

悪玉菌は、その数を増していくほど腸内の環境が悪化していきます。まず腸の働きが鈍ることから始まり、便秘や下痢、肌荒れなどを引き起こします。ほかにも、アレルギーや大腸がんといった、健康を疎外するリスクが高まっていきます。

悪玉菌が好むのは、動物性脂肪や動物性タンパク質を含む肉類など。こうした食べ物を多く摂取するほど増殖していきます。現代の食生活を振り返ると、悪玉菌を増殖させる食事が多いようです。無意識に悪玉菌を増やして便日を助長しているようなので、善玉菌を増やすような食生活に直す必要があります。

3 日和見菌
これは、中立な立場の菌ではありません。ユニークなことに、人体に良い影響も悪い影響も与える可能性のある腸内細菌の総称です。善玉と悪玉の、勢力が大きい側に加勢をする菌ということから、日和見菌と呼ばれます。

代表的な日和見菌には、バクテロイデス、クロストリジウム、ユクバクテリウム、嫌気性連鎖球菌などがあります。

腸内情勢は、このような日和見菌の趨勢によって大きく変化します。環境が少しでもよければ腸内環境がいたって健全に。逆に少しでも悪ければ、直ちに悪化するのです。オセロゲームのように、悪いほうにも良いほうにも、環境が一気に傾いていくため、常に腸内を健全にしていないと、悪化からの立ち直りが難しくなります。

なぜ腸内環境が悪化するのか

腸内環境が悪化するおもな原因は便秘です。「卵が先かニワトリが先か」という問題がありますが、食べ物のカスが腸内に長く停滞した状態が便秘。長くとどまった食べカスが腐敗することで、腸内環境を悪化させていくのです。

そしてこの腐敗に関わるのが悪玉菌。ふつう、食べた肉類は、胃や小腸で分解・吸収されますが、一度に大量に食べ過ぎたり、胃や小腸が疲れていたりすると、消化が上手くいかないまま大腸まで運ばれていきます。

悪玉菌の大好物はタンパク質でした。悪玉菌は、大腸に届いた未消化のタンパク質を分解・腐敗させて、有害物質をつくりだします。これらの有害物質が、便秘や下痢、肌荒れの原因になっていくのです。

そして、便秘になればウンチが長く滞留します。その状態こそ悪玉菌にとっての良好な腸内環境。悪玉菌が増殖する一方で腸内環境は悪化してきます。このように悪化した腸内環境はさらに便秘の長期化を誘って、日和見菌はもちろん悪意側に・・・・悪循環に陥るわけですね。

■ 悪玉菌が増える原因を覆す!

悪玉菌が増える原因は便秘ですが、それ以外にも「食生活の乱れ」「生活習慣の乱れ」「自律神経の乱れ」「ストレス」などの原因があります。

悪玉菌のエサはタンパク質です。食生活が乱れて肉類ばかりを食べていると、悪玉菌がどんどん増える条件を整えてしまいます。悪の条件を退けるには、食物繊維を多く含む野菜や海藻類、豆類などを意識して食べるようにします。有害物質や悪玉菌を、腸内から排出できるような食生活が望ましいのです。

食事の内容ばかりでなく、生活習慣の乱れも、悪玉菌を増やします。不規則な時間にとる食事や睡眠不足、それに運動不足などが重なることで、悪玉菌が増殖しやすくなります。食事の時間や睡眠時間は、なるべく一定にして、日々の生活にはスポーツを取りいれていきましょう。

自律神経を整えることも大切です。自律神経とは、自動的にカラダの動きをコントロールしている神経のこと。活動を支える「交感神経」と、カラダを休ませる「副交感神経】があります。これらが交互にバランスを取りながら心身のバランスをとっているのです。

交感神経は、興奮時に優位になります。この活発になっている時間ばかり長いと、身体も腸内も疲れやすくなります。そんなときは、リラックスモードである副交感神経を取り戻すために、深呼吸やお風呂を心と身体を休めてみましょう。

副交感神経は腸の動きをコントロールしているので、自律神経が乱れれば腸内環境をスグに悪化させます。バランスが乱れないためには、いつもの習慣つくりが大切。夜はリラックスする時間を取って、時間の遅い飲食などを避けるよう心がけてください。


便秘これで解消へ!

便秘をおこすあの原因とは?

「スッキリと出し切りたい!」 そう思っていてもなかなか思うように出来ないのが、便秘の辛さ。 ・・・
便秘がおきる原因

便秘になる病気とは?

正常な便は、黄色から褐色がかった色調をしてます。粘液や血液などが付着していない。多くの水分を含んだ「半ねり状のカタマリ」です。心やカラダに何らかの異常があって腸に障害が起こると便は姿形を変えてしまいます。 ・・・
便秘をおこす病気

スポンサードリンク

pagetop CSSサンプル