便秘が肌荒れをおこす理由と改善法

■ 便秘になるよくある理由

便秘になってしまうと、お腹も心もスッキリしなくなって、いろいろな不都合が噴き出してきます。お腹が張るのを初めとして、体が重くなったり、むくみやすくなったりします。肌が荒れてしまうのも、そのひとつですね。

便秘の原因は人それぞれであり、原因は一人に一つだという決まりなどもありません。あなたの便秘を言い宛てることは難しいのですが、代表的な原因のひとつが「バランスの悪い食生活」です。汚い話しですが、食べたものの結果が便になるので、食べ物の影響はとても大きいのです。

特に左右するのが食物繊維の存在。量が不足すると便に含まれる水分まで足りなくなり、詰まりやすい便になってしまうのです。肉や炭水化物ばかり食べていると思ったなら、食物繊維が多く含まれている野菜や果物、海藻類ももっと食べましょう。

便秘で肌が荒れるのはなぜ?

・腹痛のある便秘

便が、長い時間、腸の中に留まっている。つまり便秘が慢性化するほど腸内環境が悪化していきます。 便が体内に居座り続ければ便の腐敗や発酵が進む。便は、栄養素を取り除いた後の老廃物なので、速やかに体外に排出するのが正しい姿なので、いつまでも体内に便が残ることにメリットはありません。便は雑菌の温床でもあるので、居座りつづけるほど悪玉菌の勢力が強くなって善玉菌が減少していき、有害物質やガスも多く発生します。

有害物質は皮膚から排出される

有害物質が増えると、身体を防衛するために便を排出しようと図ります。しかし、いくら出そうしても、便秘で便が詰まっている状態であっては出口側が塞がれています。そこで身体は考えます。「下から出ないなら別のところから出せばいい」と。有害物質は腸壁から吸収されて血液中に溶け出し、出口を求めて全身を巡っていきます。

体中へ取り込まれた有害物質がどうなるかというと、汗や皮脂などの形を借りて毛穴などから体外へ放出します。こうして、ある程度は有害物質を体内に溜め込まれないようになっているんです。

有害物質が外に出ることは良いのですが、とばっちりを受けるのは肌です。肌の細胞は、肌に溜まった汚れや余分な水分を排出する機能によって肌を健全に保っています。有害物質の排出に手間を取られてしまうと、通常の肌細胞の仕事に手が回らなくなって、肌の新陳代謝が追いつかなくなってしまいます。そうして汚れを取り除ききれなくなった結果、肌の状態が悪化し肌荒れを起すのです。

自律神経の乱れによる悪循環

腸内環境が悪化すると自律神経の働きも弱めます。自律神経は新陳代謝を司っている部分。なので、働きが弱まれば肌のトラブルを起こしやすくなります。社会においても、突発事故から通常のインフラが後回しにされることがありますが、それに似ていますね。免疫力も一緒に低下するので、荒れはじめた肌を自然に整える役目も疎かになります。

自律神経は胃腸の機能とも深く結びついてます。バランスが乱れるとストレスになるのですが、排便のトラブルを招いてしまいます。つまり、便秘も肌荒れもますます酷くなるという悪循環に陥りやすいのです。

便秘を肌荒れを改善したい

便秘によって引きこされた肌荒れは、便秘を解消することで一緒に改善していきます。

食事
運動
睡眠
無ストレス

基本は上記の4つです。いきなり治すのは難しいし反動もあります。地道に歩むのが一番でしょう。市販の便秘薬は否定しませんが、依存するほど使い続けると、身体のほうが慣れてしまいやがて効果がなくなります。結果的に便秘を根深くしてしまうので、頼りすぎるのはいけません。

やはり、ヨーグルトや野菜などのような便秘解消に効果のある食べ物を食べ、水やお茶で水分を補給。規則正しい生活習慣を心がけて生活を総合的に見直すことも大切ということです。

お茶に関しては、便秘解消になる成分を含んだものも多いので、積極的に飲んでいいと思います。 なお、ビールなどのアルコールは、利尿作用が高いために水分補給にはなりません。


便秘これで解消へ!

便秘を治すのはいつ?

いま、この苦しい便秘をなんとかしたい! 目先の苦しさを改善しつつ長期的にも、体質を治していきたい ・・・
解消の考え方

便秘をおこすあの原因とは?

「スッキリと出し切りたい!」 そう思っていてもなかなか思うように出来ないのが、便秘の辛さ。 ・・・
便秘がおきる原因

便秘になる病気とは?

正常な便は、黄色から褐色がかった色調をしてます。粘液や血液などが付着していない。多くの水分を含んだ「半ねり状のカタマリ」です。心やカラダに何らかの異常があって腸に障害が起こると便は姿形を変えてしまいます。 ・・・
便秘をおこす病気

スポンサードリンク

pagetop CSSサンプル