便秘が起こるのはどうして?

よくある原因とは?

「スッキリと出し切りたい!」
思って努力していてもなかなか思うように出来ないのが、便秘の辛さです。

本来であれば、毎日あるのが正しく健康な便通です。3日以上なかったり、便が硬くて量が少なかったり、出したとしでも残便感があったり。そんな状態を便秘と呼びます。便をお腹に秘めてるわけですね。

便秘になると、まず通常の排便が困難になります(というか、困難になることを便秘なのですが)。ほかにも腹痛や腹部膨満感、食欲不振などといった症状もあらわれてきます。また、肌荒れや肩こりなどのように、お腹以外にも影響が出ることもあります。便秘は、男性よりも女性のほうに多くおこるようです。

・腸のはたらきと排便のしくみ

口から入った食べたものは、胃や小腸で消化されます。消化された食物は、そこで水分の多いどろどろの液状となって大腸に入ます。そこでゆっくりと水分が吸収されて、じわじわ固形化していく。この固形化を便塊化ともいいますが、そうしてやっと肛門へと送られ排出されます。

大腸での水分吸収はそこでの滞在時間に比例します。便塊が大腸内に留まれば留まるほど、それだけ水分吸収は進んで、便塊は硬く小さくなっていきます。早く出れば水分が多いまま「下痢」で現れ、遅ければカラカラの便秘になるといった具合です。

胃に食物が入ると、指令によって「ぜん動運動」が始まります。ぜん動運動とは、腸のくびれが肛門方向に伝わって、便を体外に送り出すため運動。ぜん動によって便が直腸まで達すると、次は大脳に指令が送られて、便意をもよおします。

こうしてみると、ずいぶんとシンプルなシステムなのですが、腸の動きが、自律神経に支配されていることに問題があります。ストレスにさらされると、自律神経がうまく働かなくなるのです。自律神経が機能しなければ正常な腸のぜん動運動が起こらない。便が滞った結果、便秘につながるのがストレス性の便秘です。

・便秘の種類とその原因

困った便秘は、人によっても原因が異なります。便秘には、 3種類の機能性便秘1種類の器質性便秘という、計4種類に分けられます。あなたの便秘はどのタイプでしょうか。いまの症状に合った対処をするため、便秘の種類を把握しておきましょう。

● 機能性便秘(3種類)

1 弛緩性便秘
生活の乱れが原因で起こりやすいタイプの便秘です。 大腸の運動が低下してしまうのですが、腸管の緊張がゆるみ、ぜん動運動が十分行われなくなります。大腸内に便が長く留まってしまい、水分が過剰に吸収されて硬くなります。便秘の中でも一番多くて、女性や高齢者に目立つタイプです。

原因となるのは、運動不足による腹筋力の低下や、水分不足、食物繊維不足などです。極端なダイエットなども誘因の一つです。

 症状としては、  おなかが張る・残便感・食欲低下・肩こり・肌荒れ・イライラなど

2 けいれん性便秘
ストレスによって引き起こされる便秘です。 副交感神経の過度の興奮によって、大腸が過度に緊張しすぎてしまうと便がうまく運ばれなくなります。その結果、ウサギのフンのようなコロコロとした便が排出されます。食べた後、下腹部痛や残便感などといった症状がある場合も。ほかに、交互に、便秘・下痢をくり返すことも珍しくありません。

 原因となるのは、精神的ストレスです。環境変化や過敏性腸症候群なども誘引に挙げられます。

3 直腸性便秘
排便をガマンしすぎたことで起こる便秘です。 消化された食物が便になり直腸に達したにも関わらず、排便反射が起こらない。そのため、直腸に便が停滞してうまく排便できなくなるタイプです。痔の痛みや恥ずかしさなどによって、「出したくない」と、排便を我慢する習慣がある人に多くおこります。高齢者とか寝たきりの人にも、ありがちな便秘です。

● 器質性便秘(1種類)

これは機能性便秘と異なり、腸などの性能に問題があるためにおこる便秘です。腸管癒着(腸の癒着)や腸閉塞(イレウス)、それに大腸ガン。このように、腸に器質的な原因があって、小腸や大腸の消化管に通過障害が起こるケースです。こうした便秘では、腸壁に孔があく「腸管穿孔」を起こす危険があります。絶対に下剤を使用してはいけません。血便や激しい腹痛や嘔吐などがあるなら、すぐにでも病院へ。

女性に便秘が多いのはナゼ?

便秘に悩む人口は、男性よりも女性が圧倒的。程度を問わなければ、日本人女性のじつに半数以上に、便秘の症状がみられるとさえいわれています。いったいなぜでしょうか。男性に比べると、女性が便秘になりやすい理由というのがあるのです。

・腹筋が弱いことから大腸が便を送り出す力が足りない。
・トイレを我慢することも多い。環境の変化の影響も受けやすい。
・ダイエットによって、食物繊維・水分・脂肪分が減る。ぜん動運動などにも影響し、硬くて排出されにくい便になる。
・「黄体ホルモン」という女性ホルモンの指示で水分や塩分をためこみ、大腸から便の水分が吸収されて便が硬くなる。「黄体ホルモン」は妊娠したときに、子宮筋の収縮を抑制するはたらきを持つが、ぜん動運動も低下させる。「黄体ホルモン」が活発になる月経前や妊娠初期には便秘になりやすい。


便秘これで解消へ!

便秘を治すのはいつ?

いま、この苦しい便秘をなんとかしたい! 目先の苦しさを改善しつつ長期的にも、体質を治していきたい ・・・
解消の考え方

便秘になる病気とは?

正常な便は、黄色から褐色がかった色調をしてます。粘液や血液などが付着していない。多くの水分を含んだ「半ねり状のカタマリ」です。心やカラダに何らかの異常があって腸に障害が起こると便は姿形を変えてしまいます。 ・・・
便秘をおこす病気

放っておくと肌荒れにも

便秘が長引けば肌荒れになる。よく言われることですが、その理由をはっきり言える人はあまりいません。血行が悪くなるとか、栄耀が悪くなるとか、いろいろ考えられますが、本当の理由はこんなことになります ・・・
便秘と肌荒れ

スポンサードリンク

pagetop CSSサンプル